トップページ »  » コンタクトレンズ通販

コンタクトレンズ通販

コンタクトレンズ通販の市場や今後の動向の予測ということで、少々書かせてもらいます。

 

まずは、コンタクトレンズ通販にも、大きく分けて二種類あります。

つまり、国内か海外か。

また、国内での通販の場合は処方箋が必要な場合が多いです。

海外での通販は処方箋はいりませんが、個人輸入の店から買う形になるため、

送料が総じて高めであること、届くまで時間がかかることが多いです。

品質はほぼ同等、というのが大方の見解です。海外通販は輸入するわけですから、

パッケージの記載言語に違いはありますが。

 

ただし、やっている人数が多いから安全、というわけではありません。

特にコンタクトレンズを初めて使う場合は、

眼科を受診し処方箋を書いてもらう。そしてあとは通販に頼るということはしないほうがいいです。

なぜならば、コンタクトの安全性は高いですが、眼に異物を入れる行為に変わりありません。

眼とコンタクトの相性を見る意味でも、数回は眼科経由での購入をお勧めします。

 

さて今後の動向ですが、ネットの普及だけでなく、景気の悪さからくる節約意識から、

総じて安めであるコンタクトレンズの通販市場はは更に拡大していくと思われます。

購入元は国内か海外かと言われると、国内と海外半々といったところでしょう。

海外製品の品質が良いという保証がないという理由で国内通販にするか、

問題があればとっくに禁止されている。安さが優先だ。と言って海外通販にするか。

ただし、海外といっても、どこの馬の骨ともわからないメーカーサイトから粗悪カラーコンタクトを買い

視力低下する等の可能性もありますので、有名メーカーのものを探すようにしましょう。

日本の品質と海外の品質をイコールと見るのは危険ですので。

 

さて、上記の予測はあくまでコンタクトレンズの通販という制度自体が存続していた場合の話です。

もし通販サイトから買ったコンタクトで眼に異常が起きることが頻発した場合、

通販自体禁止になるかもしれません。

それが仮に、客が自分の眼に合うか合わないかを度外視した商品選択をしていたとしてもです。